1. ホーム
  2. 社内報の企画

会社の方向性を理解し、同じ会社で働く仲間のことを知ることで、会社への帰属意識や問題点を意識することで、日々の業務に活かし取り組めるようにすることが社内報発行の目的です。そのための社内報の企画をどのように作成するのか考えてみます。

知っておきたい社内報作成時の情報いろいろ

社内報の企画のポイント

会社の方向を訴求する企画作成!

社内報担当者は、社内報企画を考える必要があると思います。社内報の目的を明確にすることで、社内報の企画を明確にすることが可能です。社内報の企画は様々ですが、代表的な企画例をご紹介していきたいと思います。

経営と従業員の交流を目的とした企画の一般例
●トップメーッセージを伝える。
●ビジョン、経営方針を伝える。
●会社の想いをデザイン化し伝え、共通認識にする。

社内報で経営陣と社員を交流させることができます。担当者は社員が経営陣に対して、聞きたいことを収集しておくことで社内報の企画はイメージしやすくなります。現場では、常に新しい問題が起きています。その声を集め意識しながら経営陣への取材や原稿依頼を行います。現場社員が参考にしたかった経営陣からの意見やアドバイスが反映した原稿ができ、より社員に注目される社内報の企画が作れるはずです。

社員や拠点の課題を共有する企画の一般例
●チームの声を紹介企画、経営陣や視点に知ってもらう。
●個人の課題や働き方を掲載、働くみんなの参考に。
●部活や祭事を告知、部署間の交流を活発にする。

自社での社内報が何を目的としているのかを設定したうえで、企画を決めていくことがポイントのようです。訴求対象や目的が複数ある場合は、社内報の企画の作成目的が何を伝えたいことかか明確にしておくことが重要です。

従業員・支店の交流をつくる企画

他部署や各部門の社員との交流が少なかったり、拠点が多い場合、活躍している社員を知る事は難しいです。このような社内交流は多くの企業で課題になっていると思われます。他部署や各部門からの連絡、交流を活発にすることで問題点、改善点の確認や共有が可能になります。

社内報を通して社内交流を活発にする企画の一般例
●各社員の考えを紹介することで意識の共有をする目的。
●社内の課題、問題点を個人の声として掲載し共有共感してもらう。
●社員同士の連絡、交流を円滑にする目的の企画。

会社の歴史や経営方針やブランドイメージの浸透

会社が進んでいく方向性や、会社の歴史や経営方針やブランドイメージは、定期的に伝えていかなければなかなか浸透しません。例えばブランドイメージをPRする必要がある場合は、ブランド感をカタチ創るのは企業を支える従業員ですので、ブランドの考えイメージを社員に浸透させるツールとして社内報を活用する企業もあります。

ブランド、自社らしさを浸透させる企画の一般例
●メッセージを通してブランドイメージを浸透させるの企画。
●歴史を紹介することでブランド教育のツールとして利用するの企画。
●より良いブランドについてのコミュニケーションの場にする。

社員の行動変化を期待する企画

例えば離職率の改善を求められている企業には、社内報の中で中堅社員のこれまでの経験や想いを紹介することで、社歴の浅い社員の課題や悩みの解決に向けた参考例にすることができます。従業員一人ひとり立場で企画を検討することで、社内で起こっていることを見つけていくことがポイントです。

社員の意欲向上に役立てる企画の一般例
●社員が社内報に登場することで意欲アップを図る。
●社員間の親睦や通して課題を共に解決する企画。
●過去の教訓を紹介、全社員で教訓を共有企画。

社内報・グループ報の企画をいくつか紹介しました。
目的を理解し社内報の企画を制作することで、社内報を発行する効果がより明確になってきます。

PAGE TOP ▲
お問い合わせから、社内報完成までの制作のながれ
お問い合せから納品までの流れです。社内報作成に関して御社の状況に合せご対応しますのでお気軽にお問い合せ下さい。
※1.デザイン案の修正は状況に応じて複数回行われます。
※2.状況に合わせて、デザインコンペ、企画コンペに無料で対応します。
社内報作りの疑問、課題、問題にお応えします。
社内報・グループ報作成の4つの特長
  • 特長1 専門スタッフが一緒に考えます
  • 特長2 客観的な資料・事例を提示します
  • 特長3 1976年設立の会社です
  • 特長4 相談は何回でも無料です
社内報作成のご相談やご依頼はお電話かフォームよりお問い合せください。
  • お問い合せご相談はこちらから tel 03-3542-5331
  • メールでお問い合せ
  • デザイン実績を確認する
  • 社内報デザイン実績
    社内報デザイン実績
  • 価格削減と作業効率化の取り組み
    無料デザイン提案
  • 企画やデザインをイメージに近づける取り組み
    ワンストップの制作フロー
  • 初めての社内報作成を相談
    初めての社内報作成を相談
  • 社内報の企画作成を相談
    社内報の企画作成を相談
  • 社内報のデザイン作成を相談
    社内報のデザイン作成を相談
  • 社内報作成のプロに相談
    社内報作成のプロに相談
  • デザイン企画コンペ、お見積などご説明に伺います。お問い合せください。 - 相談会開催中
  • 社内報が完成するまでの基本 - 企画 編集 デザイン 印刷 納品までの流れを理解しよう!
  • みなさんからのよくあるご質問
  • 社内報作成のメリット・目的
  • 社内報・グループ報作成 お役立ち情報
  • 社内報作成のご相談・ご質問窓口 無料お見積、ご相談に専門スタッフが対応します! TEL: 03-3542-5331またはメールフォームからお問い合せ
  • 運営会社は1976年設立のデザイン制作会社です。
    運営会社は1976年設立のデザイン制作会社です。
  • 大事なお知らせ
    大事なお知らせです。

社内報作成の工夫

社内報作成を進める工夫
内容を理解しやすくする工夫
課題や状況に応じたネタ
ひきつける企画作成の工夫
デザイン作成の工夫
読みやすくする工夫
作成中に困らない工夫
作成をスムースにする工夫

社内報作成のネタ・コツ一覧